ビジネスマン

【意志決定の重要性】意志あるところに道は開ける!

  • LINEで送る

こんにちは!
昨日から2日間、広島で企業研修へ行ってきました。

今週は沖縄の宮古島、広島、神奈川へ企業研修に。
そしてそれとは別に、オンライン講演が2つ。

いよいよ現場が動き出し、現場での研修とオンラインがMIXされてきました!

この半年で、急速に社会が様変わりしましたね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな今…

コロナ禍で浮き彫りになった働き方問題、自粛警察問題、アメリカでは大規模なデモや暴動問題、そして女子プロレス選手が亡くなったことで巻き起こっているSNSの誹謗中傷問題など…

「人」が起こした問題が、顕著に表面化してくるようになってきました。

いよいよ「人を育てる」ことを真剣に考えなければならない時代になったということです。

さて今日は、そんな「人を育てる」上でのキーポイントを1つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな荷物を持ったおばあさんがいるとして
「お荷物持ちましょうか?」

それを言うのと
「お荷物持ちます!」

この違い、わかりますか?

これは「意志」の違いです。

これからの時代を生き抜いていくためには、仮にも「お荷物持ちましょうか?」なんて言うことはアウトなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜかというと…
「〇〇しましょうか?」という表現は、相手に決定を委ねているからです。

相手に決定を委ねるということは、自分に「意志」がないということになります。

「意志」のないところに道は開けません。

これまでの社会は、なんとなーく周りについていけば、それなりに生きていける社会でした。

また、みんなと同じが素晴らしい!そんな社会だったわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、そんな社会に適合するように教育を施してきた結果、みんなと同じじゃない人は…

・誹謗中傷される
・おかしい!と非難される
・病気として診断される
・出る杭は打たれる
・いじめられる

など、様々な問題が発生してきたのです。

スポンサーリンク

そして「意志」を持つと叩かれるために、「意志」を捨てて他人に依存したり、言われたことしかできない大人を次々に生み出してしまいました。

言いたいことも言えずに我慢してストレスがたまり、それがまた別の問題を引き起こします。

「こうあるべきだ!」という固定観念の植え付け教育が、そうさせてしまったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、これまでの日本(社会)はそれが必要だったのです。
戦後、「豊かな日本」を目指し、みんなが我慢して同じ方向を向く必要があったからです。

しかしその時代を支えられた方々のおかげで、今は「豊か」になりました。

これからは「楽しい日本」の時代です。
一人ひとりの「楽しさ」を求めて、社会は動き出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのためには、「一人ひとりがどうしたいのか?」という「意志」を育てなければなりません。

その「意志」の実現に向けて、「プロジェクト」という考え方で人が集まり、それぞれのミッションをクリアしていきます。

他人に依存することなく、各々が自主独立した考え方を持つことが求められます。

「私はこうしたいんだけど、あなたは?」
『YES』
「そう!じゃあ一緒に組んでやりましょう!」

「私はこうしたいんだけど、あなたは?」
『NO』
「そう!じゃあまたいつか組んでできたらいいね!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お互いがお互いをリスベクトし、お互いの良さを引き出す。

そのために…

まずは「意志」を育てる。
これをなくして、20年後、30年後は生き残れないと、断言します。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●コロナ対策にはマイナスイオンがカギ!

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*