ビジネスマン

【脳レボ】に必要な5ステップ!①〜潜在脳力開発・能力を引き出すには?〜

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
昨日は富山!素晴らしい若手経営者や次期経営者の方々に「能力を引き出すコツ」をお伝えしました。

終わってからは懇親会。
富山の方々のお人柄、チームワークで、とても心温まるホッコリした時間を過ごすことができました。

今日は朝から移動で昼過ぎに自宅へ帰り、そのまま大阪市内にて講演!
今年も残すところあとわずか、ラストスパートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が現在行なっている能力(脳力)開発、名付けて「脳レボ」は、これまでにない、まさしくこれからの新時代に必要な「人財育成」のあり方を提供しています。

最近の様々な問題やトラブルの多くは、「人」に関するものがほとんどです。
いくら法整備やマニュアルを作ったところで、それを動かす「人」がその能力を兼ね揃えていなければ、元も子もありません。

その「人」の能力を伸ばすことが、これからの時代にはとても重要になってきます。

そこで今回はその能力の伸ばし方「脳レボ」について、5つのステップにまとめましたのでどうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「脳レボ」に必要な5ステップ

STEP① 心身の健康作りに留意すること。
STEP② 自分の目的・目標を明確にすること。
STEP③ 現在の状況下で、自分がコントロールしている要素や、働きかける要素に意識を集中すること。
STEP④ 自分の長所や強みを知り、それを生かして行動すること。
STEP⑤ 今現在していることの本質に注意力を集中すること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SETP①は、「心と身体の健康作り」です。

人間は、心身が健康であると、本能により自然な生理的欲求エネルギーが湧いてきます。
この欲求エネルギーは、人間精神の意欲や意思を生起させる源泉になります。

欲(いい意味で)の強い人は、やる気が高いと言われています。
欲求エネルギーは、人間活動の積極性と深く関与しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心身の健康作りは、人間の生理学的側面から捉えることにより正しい方法を知ることができます。

例えば、カルシウムの摂取問題であれば、「現代の子どもたちは、カルシウムが不足していると知人やマスコミが言っているからとにかく摂取しないといけない」と考えるのではなく、まず「食生活が豊かになっているのになぜカルシウムが不足するのかを調べてから摂取させよう」と考えます。

スポンサーリンク

調べた結果…
「強いストレスにより体内のカルシウムが消費され不足するということ」
「食品添加物に含まれているリン酸の多量接収により、燐酸とカルシウムが結合して排泄されるために不足するということ」が分かります。

このようにして正しいカルシウムの摂取方法が分かるのです。
日頃より心と身体の健康作りに努めて生理的欲求エネルギーのポテンシャルを高めるようにしましょう。

健全なる肉体に、健全なる精神が宿るのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STEP②は自分の目的・目標を明確にすることです。

目的・目標を明確にすることは、行動を起こす上で非常に重要なことです。

人間の脳は、目的・目標がはっきりしていると目標達成のために「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのようにしたら良いのか」などのアイディアを閃かせてくれます。

そして、脳は、閃いたアイディアを意思として、その命令を全身に発令します。

例えば、あなたが今日の夕食を“すき焼き”にすると意思決定します。
そうすると、あなたの脳は、直ちにその意思を達成するためにアイディアを閃かせ始めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「買い物に行く前にすべき家の片付けは?」
「家にあるすき焼きの具は?」
「ついでに買う品物は?」
「お金は足りるのか?」
「何時に家を出る?」
「どこのお店にいくのか?」
「徒歩で、自転車で、車で?」
などと、あなたの頭はフル回転します。

また、閃いたアイディアを現実化するための動きも積極的になります。

このように、人間は、目的・目標を明確にすれば脳内の働きが活性化され思考活動などに積極性が生まれてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて続きはまた次回!
明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*