スポーツ選手

「プラス思考」になる方法とは?②

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
「マイナス」→ゼロ→「プラス」。
「マイナス」思考がリセットされるということは、必然的に「プラス」の方向へと進んでいます。

しかし願望目標を達成したり、伸ばしたい能力を伸ばすための「プラス思考」には…
①「考え方」②「感情」③「イメージ(概念)のすべてが「プラス」であることが重要です。

では次のSTEPです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STEP② ドリームテープを作ろう!

ネガティブをクリアするために「集中力カード法」をご紹介しました。
しかしまた、ふとした瞬間に「マイナス」の言葉が頭の中をよぎることがしばらく続くのです。

よし頑張ろう!…と思っても、けど無理じゃないか…とか、どうせやっても…となることがあります。

しばらくの間は「マイナス」→リセット(ゼロ)→「マイナス」→「リセット(ゼロ)」を繰り返す日々です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでも「集中力カード」を根気よく繰り返せば、「マイナス」になる回数がだんだん減ってきます。
しかしそれには個人差があり、時間がかかる!のです。

そこで「ドリームテープ」の登場です。

「マイナス」がふと湧き出てくるというのは、「プラス」よりも「マイナス」の方が強いからです。

「マイナス」をどうにかして「プラス」に変えよう!
これは人の無意識領域は「マイナス」に支配されていることに気がつきますね??

「マイナス」を変えたい!
「マイナス」を消したい!
「マイナス」をなんとかしたい!

これらは「マイナス」を意識してしまっているので、より「マイナス」を強化してしまうのです。

ですから「プラス」を強化することが必要になるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドリームテープとは??

これは録音した自分の声を、繰り返し聴き続けるトレーニング方法です。

自分はこうなりたい、自分は「プラス」だ、自分は必ず願望目標を達成するということを言葉として発し、録音したものを聴き続けるのです。

例えば「私には必ずできる。必ず優勝できる。頑張ろう!」というような勇気づけ。
「私は素晴らしい人間だ。能力も高く、誰からも愛される人間だ。」というような自分を褒めることなどを録音します。

これにより、無意識的に「プラス」を強化することができます。
しかも人というのは「自分の声」が最も潜在意識に働きやすいので、他人の言葉よりも自分の言葉が効くのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このドリームテープは、常に「プラス」が流れ続けます。
「マイナス」のことを録音していない限り、嫌でも常に「プラス」が流れ続けるのです。

普段なかなか自分に自信が持てない人でも、一度試してみましょう。
1か月もすれば、おおよそ自信が持てるようになるはずです。

最近はスマホなどに入っているボイスレコーダーアプリなどで、簡単に自分の声を録音することができます。

それを時間があれば、ただ流しておくだけで良いのです。
寝るときに、ひたすらリピートしておくのも効果的です。

意識的に聞こうとしなくても大丈夫です。
ただ繰り返し聴き流すだけで効果が得られます。

一般的にはこれは「アファメーション」と言ったりもしますが、目的は同じです。

このドリームテープで、じわじわ「プラス」の強化をしていきましょう。

ー 続く ー

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*