スポーツ選手

【高校生からの質問】願いを叶えるには??

  • LINEで送る

こんにちは!
コロナ陽性から完全復活しまして、神奈川・東京・兵庫・三重・大阪・愛知・香川と、また全国を飛び回って活動しております。

復活してからすでにPCR検査も3回受けましたが、すべて陰性。
反省を生かして、体調管理はかなーり意識高く行っているつもりです。

さて先日、高校生へ脳レボ講演を行った際に、ある生徒さんからこんな質問がありました。

「願いを叶える上で、何をすれば良いでしょうか??」

今回は「願いを叶える」「夢実現」について。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 努力は必要なのか??

普通は、もし叶えたい願いが「志望校合格」ならば「一生懸命勉強する」ことや、もし「全国制覇」ならば「圧倒的な練習」など、とにかく「努力をすることが重要」であると答えるべきなのですが、この生徒さんは…

・そんなことは分かってる
・だから人一倍、努力もしてきた
・しかし願いが叶わない

のです。

ですから「十分努力はしてきた」ので、それが報われるために「あと、何をすれば良いでしょうか?」と聞いてくれているわけです。

さて皆さんなら、どう答えますか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 【第一段階】イメージトレーニング

いくら努力をしてきても、その力が本番で発揮できるとは限りません。

なぜならば、人は「イメージ」を優先してしまうからです。

つまり、もしかしたら失敗するかも…とか、願いが叶わないかもしれない…というイメージがあると、その通りに失敗してしまうということなのです。

ですから、とにかく「成功のイメージング」を繰り返し行うことです。

何度も何度も何度も「成功のイメージング」を行うのです。

しかし!!

それがなかなか難しい…どうしてもネガティブなイメージが払拭できないこともあるものです。

ではどうすれば良いのでしょうか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 【第二段階】誰かに宣言しまくる

イメージはアウトプットすることで、より強化されていきます。

ですから友人や親など、誰かにその「願い」を宣言しておくと、叶う確率が上がります。

ただ「優勝する」とか「合格する」など、結果を宣言するというよりも、それが達成する過程を宣言したり、達成した後のことを宣言すると、より効果的です。

「達成する過程」とは「自分がこういう状況で、シュートを決める」とか、「ついこの間やった問題が出て、すごい楽しんで受験している」という具合に、その達成までの出来事や行動などを宣言していくのです。

「達成した後」というのは「新聞に大きく掲載されている」とか、「合格したら、〇〇の部活に入って、〇〇の勉強を頑張る」という具合に、とにかくその後に起こっている出来事や行動などを宣言していくのです。

ポイントは「アウトプット」すること。

誰かに話してしまえば、どんどんその気になってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 【第三段階】紙に書いて見えるところに貼る

スポンサーリンク

これまでよりも、もっと強力なのが「紙に書く」ということです。

それは「言葉」でも「イラスト(絵)」でもどちらでも構いません。

ただし、消しゴムなどですぐに消える「鉛筆」や「シャーペン」などはおすすめできません。

できれば100年後も残っているような、油性のマジックや、一番良いのは墨汁です。

「願い」を習字(書道)で書くのが一番のおすすめです。

そしてそれを、自分の部屋などいつでも見えるところに貼っておくのです。

ただし注意点は、トイレに貼ることだけはNGです。

トイレは「流れる(排出する)」場所なので、願いが叶わずに流れてしまう可能性があるからです。

しかし人は七夕のように「願い」を紙に書いたりする文化がありますが、多くの方がそれをやっているのに、願いが叶っている人ばかりではないと思うんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 【最終段階】ワクワクする!!

紙に書いても「願い」が叶わない人は、これが抜けています。

第一段階のイメージもそうなのですが、その時の「感情」がどうか?が非常に重要なのです。

イメージをして、声に出して、紙に書いたとしても、その時の「感情」がネガティブだったり、マイナスに働いていると、どうしてもそちらへ足を引っ張られます。

重要なのは「ワクワク」という感情です。

究極は、第一段階〜第三段階においてだけではなく、とにかくずーっと「ワクワク」していれば、必ず「願い」が叶います。

「ワクワク」という感情、これに勝るものはありません。

ぜひ「ワクワク」しながら、「願い」が叶うのを心待ちにしておいてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、今回は「願いを叶えるには?」「夢実現」について、ご紹介しました。

ちなみに言い忘れていましたが…この「願い」とは良いことばかりではありません。

例えばテレビや動画で「病気」の「イメージ」が湧く映像を見て「イメージング」し

「〇〇したら病気になるらしいわよ」と井戸端会議で声に出していると、実際に「病気になる」という「願い」が叶ってしまうことになります。

要は、普段から「イメージ」「感情」「口にする言葉」「紙に書いていること」はすべて自分の「願い」として、現実化するということです。

良い意味でも悪い意味でも、「願い」はこういったことで叶うので、ご注意ください。

皆さんの本当に叶えたい「願い」が現実化しますように!!

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜できる子・伸びる子の共通点〜」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*