スポーツ選手

【エネルギーを高める】氣の性質を理解しよう!

  • LINEで送る

こんにちは!

昨日から高校チームへのサポートで「山形」へ来ています。
日曜に大事な試合があるため、それまで5日間ほど滞在します。

さて今日は「大会前にできること」をテーマに講義を行いました。

勉強でもスポーツでも、大事な本番の直前にするべきことは共通していますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その中で今回は「氣の性質」について理解を深めました。

「氣」とはエネルギーです。
エネルギーは、高い方が低い方をコントロールします(コントロールの法則)

ですから「氣」を理解することで、試合の流れをコントロールすることができるのです。

どうすれば「氣」が落ちるのか(下がるのか?)、どうすれば高まるのか(上がるのか??)

常に「氣」を高めておくことで、試合を有利に進めることができます。

では簡単に「氣の性質」についてまとめておきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・楽しいと思うと、氣が上がる
・しんどいと思うと、氣が弱くなる
・まぁいっかと思うと、氣が上がる
(背筋が伸びて顔を上げるなど、動作的に氣が上がる)
・相手の良いところを思うと、自分も相手も氣が上がる
・相手のマイナスを思うと、自分も相手も氣が下がる
・横にピシッと切ると、相手の氣が弱くなる
(寝ている人の上をまたぐな…など)
・糸巻き巻きをして相手の胸元にピシッと指を刺すと、氣が上がる
(柔道でいう指導!これは審判も氣が上がるが、指導を受けた選手も氣が上がる)
・挨拶を先にすると氣が上がる
・自分で右に回る(時計回り)と、氣が上がる
・自分で左に回る(半時計回り)と、氣が下がる
・相手より低い位置に入ると、氣が上がる(相手は氣が下がる・取られる)
(背が低い子どもたちには勝手に氣が流れる)
(ただしお母さんの機嫌が悪くて、立ったまま子どもを叱ると、マイナスの氣が流れる)
・相手の周りを右(時計回り)に回ると、相手の氣が上がる
(東洋医学で、患者を回転椅子に座らせて時計回りに回ると、病気が治る)
・相手の胸に向かって手の平をポンとかざす(STOPの形)と、相手の氣が下がる
(ただし氣を入れようと同じようにすると、氣が上がる)
・手の横を相手に向けて近づける(ウルトラマンのスペシウム光線)と、相手の氣が上がる
・男性は後ろから前に氣が流れているので、後ろから前にサスってあげると氣が上がる。
(逆に女性は前から後ろに氣が流れているので、前から後ろにサスっとあげると氣が上がる)
(自分でさすってもOK)
(女性でイライラしている人に、背中を下から上にサスって上げると氣が下がるので落ち着く)
・男性が右、女性が左で並んでいると、氣の流れがよくなる
・愛、怒り、不安の言葉にピントを合わせると、愛が氣が上がる
(文章を書くときは、良いイメージを湧かせて書く)

スポンサーリンク

など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに「氣」というのは現在「気」という感じが使われていますが、元々は「氣」です。

「気」は「〆」のため、エネルギーを塞ぎ込むように働きます。
「氣」は「米」という漢字が使われていますね。
「米」は八方に広がっていくという意味で、エネルギーの広がりを意味しています。

「ぜひ試合を通して多くの方々に「氣」が広がるように…元気を与えられるようなプレーをしようぜ!!」

そのためにも、まずは自分自身の「氣」が高まるように、しっかりと準備してくれると願っています。

明日も明後日も、しっかりサポートしたいと思います。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*