受験生

【面接の極意】押さえておきたい3つのポイント(受験編②)

  • LINEで送る

こんにちは!
さて「受験における面接の極意」押さえておきたい3つのポイント、第二弾です!

1つ目のポイントは「志願者倍率をチェック」。

ただ「志願者倍率は直前にならないと分からない…」と思われるかもしれませんが、例年を見れば大体わかるはずです。
ひとまず「平均値を取れば合格になるのか?」という情報だけは、しっかり押さえておいてください。

もし倍率が低く、平均値を取れば合格になるのであれば、とにかく基礎基本を徹底!
また、話す内容についても「普通」でOKなので、あまり気にしなくても大丈夫です。

ただ、志願者倍率が高倍率の場合は、平均値でも不合格のため、さらなる対策が必要になります。

私の感覚では2倍を超えるか?超えないか?が高倍率の分かれ道です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

② 相手を知る!

さて志願者倍率が高倍率である場合、次に「相手を知る」ことが重要です。

ここでいう「相手」とは、もちろん受験する「学校」ですね。

よく日常のコミュニケーションなどで、「自分の言いたいこと」だけ言って自己満足に陥っている人っていますよね?

そのとき、相手はどう感じているでしょうか??

もしその話に興味があれば、じーっと聞いてくれて意気投合できると思いますが、全然興味のない話をされると、相手にとってはとてもとても憂鬱な時間になり、溝を産むことになります。

何が言いたいのかというと…

面接もこれと同じで、「自分が言いたいこと」ではなく「相手の興味のあること」を言えるかどうか?が重要なのです。

そのために「相手を知る」という作業が必要不可欠です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では「相手」のどういうところを知れば良いのでしょうか??

例えば、受験する学校のホームページをチェックしてみます。

そうすると、私立の学校では特にそうですが、学校が一番「売り」にしている情報が、一番目立つようになっていることがほとんどです。

・国公立大学〇〇合格
・〇〇国家試験100%合格

のような進学実績や

・世界へ貢献する人材となるために(早稲田大学)

のような「求める人材像」を掲げている学校もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また「最新ニュース」として記事がアップされている場合もあります。

ホームページに記事として掲載する!ということは、学校としては宣伝している!ということなので、こういう「記事になるような活動ができる子」は、学校としても「欲しい人材」ということになりますよね。

もしホームページを見てもよく分からない場合は、オープンスクールやオープンキャンパスに行くことをオススメします。

そうすると、ほとんど場合「我が校では、こういう人材を求めています」という説明がされます。

そして校舎の目立つところに、多くの学校では「垂れ幕」が掲げられています。
大体は「スポーツ関係」だと思われますが、これも「求めている人材」ということになります。

パンフレットももらえるはずなので、その隅々までチェックしておくと良いですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

さて「相手を知る」ことについて、具体的にお伝えしてきましたが…

その上で、面接では「いかに自分が学校にとってメリットになるか?」を伝えれば良いのです。

もし学校が「大学進学実績」ということを「売り」にしているのであれば

「私は将来1級建築士になりたいので、そのためにも入学時から大学受験に向けていち早くスタートを切り、まずは学年トップ10を目指します。そして必ず〇〇大学工学部に現役で合格します!」

というように、相手が求めている内容を、より「具体的に」伝えることです。

例えば「大学進学をするために、文武両道でコツコツ頑張ります」などと、当たり障りのない内容はアウトです。
(それは志願倍率が低倍率であれば有効です)

正直まだハッキリ決まっていなくても、仮で構いませんので、具体的に伝えるべきです。

そうすることで、相手(面接官)は興味を持って聞いてくれるので、より印象に残りやすくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よく私は学生に、以上のことを説明するときに「これは恋人理論だ!」と伝えています。

面接とは、好きな人に告白をするのと一緒だということです。

告白をするときに、例えば「いかに自分が優しいか」ということをアピールしたところで
相手が「優しいかどうか」よりも「ぐいぐい引っ張ってくれる人」が好きだったら、恋人にはなれません。

恋人になるには、「ぐいぐい引っ張る姿」をアピールすることです。

「いかに自分の筋肉自慢」をアピールしたところで
相手が「そんなことどうでも良い」のであれば、恋人にはなれません。

まずは相手が「どんなタイプが好きか?」を知ることが重要ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして最後に…

恋人になれるかどうか?は、告白の瞬間だけで決まるということは、ほぼありません。

告白の瞬間には、悩むことはあっても、ほぼほぼ答えは決まっています。

面接も同じで、面接の瞬間だけで決まるのではなく、それまでにどれだけ相手のことを知ろうとし、交流を深め、対策してきたか?

面接は、その本番だけで決まると思われがちですが、そういったこれまで積み上げてきたことが表情や表現、身体に滲み出てくるもので、プロの面接官はそれをバシッと!簡単に見抜くことができます。

自分の言いたいことを言うのではなく、相手に合わせる!!

これが面接においては非常に重要なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「受験における面接の極意」押さえておきたい3つのポイント!

次回、3つ目のポイントをお伝えします!

「受験における面接の極意」押さえておきたい3つのポイント③

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜できる子・伸びる子の共通点〜」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*