講演活動日記

【兵庫】高校生へ教育講演に行ってきました!

  • LINEで送る

スポンサーリンク

少し前ですが…
兵庫県にある神戸親和女子高校にて、全校生徒の皆さんへ講演。

藤原紀香さんや、お友達で歌手の平松愛理さんらを輩出した、歴史ある学校です。
六甲山の高台にあるため、今回は電車ではなく車で訪問。

今年の正月に、バドミントン日本高校選抜の皆さんへのメンタル講演。
そこで出会った先生から、「ぜひうちの学校でも!」ということで実現しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場は学内の講堂。スゴイ!!

講演タイトルは…
「脳内レボリューション『脳レボ』」
〜輝く自分!夢・挑戦の第一歩!〜

なぜみんな同じように授業を受けて、同じように勉強をしているのに、出来る人とそうでない人に分かれるのでしょうか?

勉強ができるできない、スポーツが上手い下手…というのは、遺伝で決まるものではありません。
ただちょっとした「コツ」をつかんでいるかどうかなのです。

そのちょっとした「コツ」を習得するだけで、誰でも無限大の可能性を引き出すことができます。

私がこれまで出会ってきた1万名以上の子どもたちから学んだその「コツ」を、具体例を交えながらお伝えしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにしてもこの学校の皆さんは、もう反応が素晴らしい!!

「わーーーー!!」
「おーーーー!!」
「すごーーーい!!」

「コツ」は理論で学んでも仕方がありません。
とにかく「体感」として感じることが非常に重要です。

学ぶだけでは人はなかなか変わらないからです。

「見て」「感じて」「納得する」
それで初めて「ハッ」と気づきが生まれます。

そういうことか!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・コツコツ努力しているのに報われない子
・全くやる気がない子
・もっと高みを目指したい子
・ただ言われたことだけをしっかりやる子

スポンサーリンク

色々な子がいて、一人ひとり違う伸ばし方があります。
しかしどんな子でも「伸びるコツ」は同じです。

その「コツ」が分かれば「脳内レボリューション『脳レボ』」が起こります。
私の役目はその「きっかけ」作り。

一人でも多く、未来ある子どもたちが「希望」を持ってくれたらな…と願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講演が終わってから、もう多くの生徒さんに囲まれて質問攻めに…。

これが「脳内レボリューション!!」
大成功です。

子どもたちへの「脳内レボリューション」
社員さんへの「脳内レボリューション」
スポーツ選手への「脳内レボリューション」
お父さん、お母さんへの「脳内レボリューション」

「脳レボ」!!

神戸親和女子高校の皆さん、どうもありがとうございました♬

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*