スポーツ選手

勝ち負けにはこだわるな!

  • LINEで送る

スポンサーリンク

さて全国では、甲子園をかけての戦いが佳境を迎えています。

3日ほど前、あるチームの主将から電話が…

「先生、次戦の相手が優勝候補のチームなんです!何か秘策はないですか?」

「OK!ポイントはね…」

先ほど「3ー2で勝利し17年ぶりのベスト16へ進出しました!」と連絡が入りました。
さて、その電話の内容とは??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのチームとは、過去5年間で1回戦を突破したのが2回だけしかありません。
2回しか勝ったことがないのです。

私はこの学校へ、学生への講演や、PTA(保護者)講演、教員の先生方との交流などで携わっており、
今年の2月に野球部の主将が、この私のホームページから連絡をしてきたのです。

「もっと強くなって、チームの歴史を変えたいんです!」

それがきっかけで、色々とアドバイスをしていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏の大会が始まり、7年ぶりに4回戦へと進出する快進撃!
しかも全試合まだ無失点!

そこでまた電話がかかってきました。

「先生、次戦の相手が春のベスト4で、かなり強豪です。何か秘策はありませんか?」

私「チームはどんな雰囲気かな?」

「ここまできたからには、絶対に勝つぞ!とみんな意気込んでいます!」

私「そうかぁ…じゃあ負けるよ!」

「えっ????」

私「『勝ち負け』というのは『雑念』だからね」

「じゃあどうすれば…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勝つために…という気持ちは、練習の時のモチベーションには必要ですが、試合では全くプレーとは関係のない『雑念』です。

本番で実力を発揮するためには、「今自分がするべきこと」に「集中」することです。

打者は「ボール」を打つわけですから、「ボール」に集中しなければなりません。
投手は「ミット」に投げるわけですから、「ミット」に集中しなければなりません。

例えば、バッターボックスに立って…

「ここで絶対打ってやる!」
「打てなかったらどうしよう…」

などという「心の声」に支配されていると、肝心の「ボール」には集中できませんから、打てる確率はグンと下がりますね。

授業中に考え事をしていると、先生の話は全く頭に入ってきません。
これと同じです。

ですから勝ち負けに支配されてプレーをしていると、本来のプレーができなくなるのです。

大事なことは、「今するべきこと」に「集中」することです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日教え子の、あるソフトボール選手からメールが着ました。

「先生、うちのチームのピッチャーが『打者が怖い』と言っていて、ストライクが入りません。どうすれば良いですか?」

スポンサーリンク

私はこう返しました。

「ボールは、打者に投げるんじゃなくて、キャッチャーミットに投げるんだよ!と教えてあげて」

普通に考えれば当たり前のことなのですが、実はこういう選手は、意外にソレがわかっていないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何に「集中」するべきか??
そこがわかっていないと(ズレていると)、人はベストなプレーができなくなります。

例えば…
「フォームばかり気にしている」
「考えごとをしている」
「監督の顔色が気になる」
「相手チームのことが気になる」

これは全て「雑念」です。
「雑念(煩悩)」が頭を支配している限り、ベストなプレーは絶対にできないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「1球1球、しっかりボールに集中して、一人ひとりがするべきことを確実にやろう!」
「勝ち負けは神様が決めるもの。できることを全力でやれば、今のチームにベストな答えを出してくれるよ」

そうアドバイスをし、彼は主将として「チームに伝えます」と意気込んでいました。

最後にもう一つ。

私「君は、何のために戦っているんだ?」と聞くと、こう帰ってきました。

「応援席で必死に応援してくれている、ベンチに入れなかった仲間のためです!」

私「 OK!その気持ちを全員で共有して、苦しい場面ではそれを思い出して戦うようにね!」

「わかりました!!」

苦しい場面では、ある一つの「概念」をチームで共有すると、チームワークが高まり、雑念が消え、集中するべきことにしっかり集中することができます。

・応援してくれている仲間のために
・これまで育ててくれた親のために
・監督のために

など、「〇〇のために」という意識が、ここぞというときに抜群の力を発揮してくれるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勝ち負けではなく、「〇〇のために…」

結果は最終回に逆転し、3ー2で見事勝利したようです。
相手チームは最終回になって「勝ち」がちらついたのでしょうか。

学校としては実に17年ぶりのベスト16進出です。

自分たちが「やるべきこと」を全力でやる!!
そんなチームほど怖いチームはありませんね。

みなさんも、本番でベストなプレーができることを、心より願っています。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*