スポーツ選手

【集中力トレーニング】成績急上昇!

  • LINEで送る

こんにちは!
新年が明けて、今年もまた講演活動をスタートさせております。

先日は、大阪にある高校へ!
ある部活動へメンタルサポートです。

11月に「集中力トレーニング」を伝え、それをとにかく「継続して」もらうことをお願いしました。

それから2か月の変化をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●学力向上

これまで定期考査で欠点を取っていた子がゼロに!
約8割の生徒さんが成績向上!

勉強の方法を変えたわけではなく、勉強時間を増やしたわけでもありません。
ただ「集中して」行う!

これだけで成績は勝手に上がってくるわけです。

これは私がこれまで学習塾で13年間、高校教員として3年間、実際に実証済みです。

どんな画期的な効率の良い勉強法よりも、集中力が最優先です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●練習効率の向上

一番変化を感じた!というのは、監督。

一つひとつの練習への「切り替え」が早くなったとのこと。
今までは次の練習メニューを行うのに、「早く動け!」とハッパをかけなければなかなかすぐに動かなかったのが、指導者が何も言わなくても勝手に動き出したというのです。

ダラダラ動く…切り替えが遅い…というのは、まさに「雑念」が湧いている証拠です。

スポンサーリンク

集中すれば「無駄なエネルギーロス」を防ぐことができます。

物事をシンプルに!そして効率よく動くことができるのです。

もちろん結果的に、競技力向上にもつながってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どれだけ勉強方法を模索しても、どれだけ効果的な練習をしても、結局は「集中力」が全てのベースになります。

そして面白いことに「集中力」を高めれば、勝手に効率の良い「勉強法」が身につくし、効果的な「練習」をすることができるのです。

それでもやっぱり多くの方は、「勉強のやり方」や「練習方法」などの「ノウハウ」に走ってしまうんですよね!

何を優先するべきか??

もっと多くの方に伝わればなぁと願っております。

すべての本質的能力は「集中力」です!!

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜できる子・伸びる子の共通点〜」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*