スポーツ選手

【中学生Q &A】三田市立中学校3年生からの質問①

  • LINEで送る

こんにちは!

先週、兵庫県の三田市にある中学校3年生のみなさんへ、脳レボ講演を行いました!

もう本当に真っ直ぐな子どもたち!
なんでもスポーツ面ではほとんどの部活動が地区大会で上位に入っているとのこと。

また近畿大会や全国大会でも活躍しているそうです。

そんな強さが分かるような、とにかく素直で明るい生徒さんたちでした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて講演が終わってから感想文を書いてくれたようで
昨日、その感想文が私のところへ届きました!

その中で、私への「質問」があったので、ここでまとめてお答えします!

学生だけではなく、大人の方にも参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1 どうしても眠たくて…けど勉強する必要があるときは、どうやって眠気を覚ましたら脳が活性化しますか?

→場所を変えてみるのがオススメです。
例えば、普段机の上で勉強しているのであれば、トイレの中、リビング、ベッドとタンスの間に挟まって、廊下を歩きながら…など。
そうすることで記憶力もアップしますよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2 将来カウンセラーになりたいのですが、今しておくべきことは何ですか?

→カウンセラーは「いかに相手に信頼してもらえるか?」ですべてが決まります。
ですから今のうちから、周りにいる友人、先生、近所の方など、自分のことを信頼してもらうためはどうすれば良いか?を考えて生活してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3 強いチームになるためには、どれくらいの時間がいるのでしょうか?

→強いチームになるためには、いくつかの条件があります。
その条件がある程度整っていれば1日で強くなります。
それがまったく整っていなくても3年あれば強くなります。
(ちなみに「強いチーム」というのは、全国大会に出場できるレベルです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4 想像はすごくできるし、イメージもたくさんできるんですけど、心で思ってても行動ができないです。何でですか?教えて欲しいです。

スポンサーリンク

→行動できない…というのは2つの原因があります。

一つは「体の抵抗」が高いこと。
体の抵抗とは、しんどい・だるい・朝の目覚めが悪いなど、体が疲れていたりスッキリしない状態のことです。
また中学生は、成長期にともなうホルモンバランスの乱れ…というケースもあります。

そしてもう一つは「やりたい」という欲求が小さいことです。
そのためには、それをやった後の達成感など、楽しい・嬉しいというように、プラスの「感情」も合わせてイメージしてみることです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5 75億分の1で出会った奥さん(元ソフトボール選手)とは、どうやって出会ったんですか?

→奥さんは、私がソフトボール日本リーグのチームへメンタル指導をしていたときの、キャプテンでした。
いってみれば、先生と教え子が恋に落ちた…ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6 自分が落ち込んでいるとき、どんな言葉を自分自身にかけたらいいのか?

→どんな言葉をかけるか?よりも、自分が好きなこと、テンションが上がることをやってください。
落ち込んでいることに集中すると、どんどん落ち込みが激しくなります。

例えば、失恋した相手のことを考えれば考えるほど辛くなりますが、新しい恋に心が向けば、失恋した相手のことなんて気にならなくなりますね。
これと同じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてとりあえずいただいた質問の半分ほどを回答してみました!

続きはまた次回!!

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*