ビジネスマン

【人財育成】できる人・伸びる人は〇〇が違う!

  • LINEで送る

こんにちは!

ちょっと今回は、難しい内容かもしれません!

以前に私の講演を聴いていただいて名刺交換をした社長さんから、ご相談のメールが届きました。

「やる気があって勉強熱心な社員がおりまして、1日でも早く成長させてあげたい!と願っているのですが、どうも理解が遅いというか…人を育てる上で、何が一番重要だと思われますか?」

人を育てる!成長させる!という点で言うと、それは人によって様々ですし、複数の要素がありますから一概に言うのはとても難しいのです。

しかしその中で、私がピンときて、ある動画を見ていただくようにお願いしました。
そうすると、なるほど!そういうことですか!と喜びのメールが返ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は、どういう視点で物事を考えているか?(捉えているか?)で、成長して到達するゴールが変わります。

例えばスポーツで

とにかく試合に出たい!という視点で練習に取り組んでいるのか?
試合に出て勝ちたい!という視点で練習に取り組んでいるのか?
大きな大会で優勝したい!という視点でスポーツに取り組んでいるのか?
日本一になりたい!という視点でスポーツに取り組んでいるのか?
オリンピックに出たい!という視点でスポーツに取り組んでいるのか?
オリンピックで金メダルをとりたい!という視点でスポーツに取り組んでいるのか?

脳にインプットされる情報が全く違ってくるので、成長に差が生まれてくるのは納得できますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また日常生活において

隣人の悪口を言ったり言われたり…という視点(レベル)で生きているのか?
職場の同僚たちがどうのこうの…という視点(レベル)で生きているのか?
会社全体の構造を理解した上でのバランスという視点(レベル)で生きているのか?
競合他社との関係から会社を俯瞰してみることができるという視点(レベル)で生きているのか?
社会全体のバランスから社会的責任を果たすという視点(レベル)で生きているのか?
地球規模の環境保全や次世代への貢献…という視点(レベル)で生きているのか?
宇宙理論から悟り、すべての物事の繋がりを考えることができる…という視点(レベル)で生きているのか?

スポンサーリンク

視点が違うだけで、すべてのことがまったくもって違ってくるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、業績をあげたい!ノルマをクリアしたい!と考えるにしても
業績を上げると言うのは、階段を上がるというような、上という方向へ進むというイメージを持ってしまいがちです。

ですからどうしても、上へ進むには大変だ!努力が必要!無理かもしれない!などと判断してしまいます。

しかし宇宙から物事を考えて(捉えて)見てください。

宇宙には上も下も、右も左もないのです。

どういう視点で物事を捉えるか?によって、見方がまったく違ってきます。
今抱えている問題や悩みも、もし視点のレベルが上がれば解決できると思いませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて以上を踏まえて…

今回ご相談いただいた方にお送りした動画をご覧ください!

何か、ピンときましたか?

はじめにも言いましたが、ちょっと今回は難しい内容かもしれません。
明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*