スポーツ選手

【ゾーンの世界】記憶にございません!?

  • LINEで送る

こんにちは!
東京オリンピックで金メダルラッシュですね!

さて私は競技ももちろんそうなのですが、仕事柄なのか、
競技終了後の選手インタビューを繰り返し繰り返し注目してみています。

そうすると金メダルをとった多くの選手がプレーについて質問され…

「あまりよく覚えていません」というような発言をしているのが目立つのです。
要するに「記憶にございません!」ということです。

「記憶にございません!」というのは政治家を揶揄するような意味で、映画にもなった言葉ですが、
今回のアスリートが発言する「記憶にございません!」というのとは、全く異なる意味を持ちます(当然ですが…笑)。

さてこのアスリートが発言する「記憶にございません!」とは、一体どういう意味なのでしょうか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ゾーン」という言葉を聞いたことがありますか?

「ゾーン」とは「火事場の馬鹿力」という表現をされることもあります。
いわゆる、普段の人間の力を超えた、ありえない力が出る状態のことです。

昔、世界のホームラン王である王貞治さんが言っていました。
「ボールが止まって見える!」

そしてテニスプレーヤーである錦織圭選手は
「ラリー中にテニスボールに書いてあるメーカーの名前が見える」と証言して
います。

このような状態を「ゾーンに入った」と言うわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ではこの「ゾーンに入る」とは、一体何なのでしょうか??

脳科学的にお伝えすると、以前「集中」している状態は、脳波が「アルファ波」であるとお伝えしました。

これは周波数がおおよそ10Hz前後の脳波を示しており、その周波数が高くなれば「ベータ波」といって雑念が湧いている状態になります。

逆に周波数が低くなり、5Hz前後の脳波のことを「シータ波」と呼んでいますが、この「シータ波」こそ「ゾーン」の状態であることがわかってきたのです。

ですから「ゾーン」とは「集中」の延長線上であり、違う言い方をすると「超集中」状態であるということができます。

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに「シータ波」とは、睡眠時の脳波と同じです。
ですからとてもリラックスしていて、疲れることもありません。

そして極め付けは「覚えていない」のです。

これが今回金メダルをとったアスリートの言っている

「記憶にございません!」ということなのです。

多くの「ゾーン」に入ったアスリートに聞いてみると、面白いことに皆口を揃えて…
「全然覚えていません」「記憶にありません」と答えます。

それは、「シータ波」が睡眠の時に出る脳波であることを考えると納得がいきますね。

そしてこの状態だからこそ、アスリートは自分の実力を超越した、ありえない実力を発揮することができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返しになりますが、「ゾーン」とは「集中」の延長線上にあります。
ですから「集中」状態を極限まで高めた時に、この「ゾーン」に入ることができます。

逆に、実力が発揮できずに終わってしまったアスリートのインタビューを聞いてみると
やはり「集中できない何か?」に支配されています。

それはマスコミだったり、世間の声だったり、要らぬプレッシャーだったり…。

まずは集中!!
その先にあるゾーンの世界!!

スポーツを通して「ゾーン」の世界に入る感覚を獲得した人は、仕事でもなんでも、とんでもない潜在脳力を発揮することができます。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*