スポーツ選手

【プロ初登板!初勝利!】西 純矢投手 圧巻の無安打・無得点!

  • LINEで送る

こんにちは!

高校生時代から携わっております、阪神タイガースの西純矢投手。

本日5月19日。
甲子園で行われた対ヤクルトスワローズ戦で、初登板・初先発

初回は緊張もみられましたが、5回をノーヒット・ノーランのピッチングで、初勝利を飾りました!

《デイリー》阪神・西純矢 初先発初勝利「初回は緊張」も球団初の快挙 デビュー戦5回無安打無失点

今回はそんな西純矢に関するエピソードを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ガッツポーズの西!》

西純矢が一躍有名になったのが、2018年の夏の甲子園。

高校2年生の夏でした。

当時最強と言われた大阪桐蔭高校に、唯一公式戦で勝利した創成館高校(長崎)との試合で、1試合16奪三振を奪って完封した時。

結果はもとより、三振をとったときの「ガッツポーズが豪快すぎる!」と話題になりました。

しかし次の試合でその豪快な「ガッツポーズ」を審判に注意され、本来の投球が出来ずに敗戦。

ネットでは…

・あのガッツポーズは相手を侮辱する行為
・そんなことで投球を乱すなんで、まだまだだな
・人間教育をした方がいいんじゃないの?

などと散々叩かれ、本人もショックを受けていました。

––––––––––––––––––––––––––––––

《ガッツポーズの裏話》

このガッツポーズは、もともとはそんなに目立つものではありませんでした。

それが実は…

この夏の大会の数ヶ月前に、西のお父さんが急死したのです。

脳幹出血で45歳の若さだったそうです。

最後にお父さんと交わした言葉は「甲子園に出てくれ!」。

それから「天国にいるお父さんに、甲子園をプレゼントするんだ!」という強い気持ちで戦っていました。

そういうことから西は、天国にいるお父さんに向かってガッツポーズをしていたのです。

その気持ちがどんどん強くなって、豪快なガッツポーズになっていったのです。

甲子園が決まった時のインタビューで西は

「お父さんが背中を押してくれました」と答えました。

––––––––––––––––––––––––––––––

《人間性を磨く》

とはいっても、中には「相手に対して威嚇するようなガッツポーズ」があったのも事実。

監督は…

「野球を通して人道を学ぶ、プロで活躍するためにこれから1年間でみっちり鍛える!」ということで何度も教えを説いたり、たくさん本を読んだり、人間性についてたくさん学ぶことをはじめました。

・相手へのリスペクト
・審判へのリスペクト
・球場関係者、応援してくださる方へのリスペクト
・感謝

などの考え方だけではなく

・道に落ちているゴミを拾う
:誰でも相手より先に挨拶

など、行動についても即実行していました。

––––––––––––––––––––––––––––––

スポンサーリンク

《練習量は人一倍》

先輩である髙田萌生(楽天イーグルス)、難波侑平(日本ハムファイターズ)は、とにかく練習量が並大抵ではありませんでした。

しかし西純矢はそれを超える、とにかくひたすら練習する男。

高校2年生の夏以降は、実は某プロ野球球団から西専用のトレーニングメニュー表をもらっていて、それをこなしていました。

しかしそれでは物足りず、オフシーズンは練習場から学生寮まで20kmの道のりを走るなど、プロへ行って活躍するイメージを持って取り組んでいたのです。

またあまり知られていませんが、西は成績も優秀でした。

あまりにもガッツポーズの印象が強すぎて、破天荒なイメージが定着していますが、もうとにかく真面目で素直、そして勉強熱心!!

ただ野球が好きで好きで仕方がない…それが西の根底にあるのですね。

––––––––––––––––––––––––––––––

《プロへの想い》

そんな努力が実を結び、2019年10月のドラフト会議で、阪神タイガースに1位指名で入団することになります。

その後、西に電話でこんなことを聞いてみました。

「プロになって何をしたいんだ?」

そうするとこう返ってきました。

阪神タイガースファンの方はもちろんなのですが、違うチームのファンの方も、野球を知らない方も、自分のプレーで日本中が元気になってくれたら嬉しいです。

私はその言葉を聞いて、プロでの活躍を確信したものです。

––––––––––––––––––––––––––––––

《3年ぶりの甲子園》

3年前の高校2年生の夏、鮮烈な甲子園デビューを飾った西。

実はその試合直前、西からこんな相談がありました。

西「今日、調子が最悪なんです…どうすれば良いですか??」

私「甲子園、ワクワクしないか??」

西「ワクワクします!」

私「それだけでいい、そのワクワク感だけ大事に!良いピッチングをしようとかは考えず、ただワクワクする気持ちで投げれば良いよ!」

その試合から3年経って、本日甲子園でプロとして初の1軍デビューで、見事初勝利!
しかもノーヒットピッチング!

おめでとう〜!!!

本人はインタビューで「運が良かっただけです」と答えていましたが、それも実力。
これからも日本中が元気になるようなプレーを期待したいものです。

みなさま今後とも、応援よろしくお願いいたします❤️

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*