スポーツ選手

new【集中力の効果】6日間でここまで伸びる?指導例!

こんにちは!

和歌山県で行われた「男子ソフトボール全国選抜大会」へ!
山形県のチームに「6日間」帯同させていただき、みっちり徹底的に集中力・メンタル強化を行ってきました!

今回はそのサポート事例について、ご紹介します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このチームは本当にスゴイんですよ。

まず部員が10名!

そしてそのうちの8名が高校からソフトボールをはじめた初心者なんです。

そしてそして10名中8名が1年生!!

コロナ禍で1年生は6月から入部したため、まだソフトボールをはじめて10か月も経っていないんですね。

それなのに「全国大会出場ってスゴイ!」と思われるところなのですが…

山形県には男子ソフトボール部が1チームしかないため、自動的に全国大会への出場権が得られるわけです…笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、だからこそ普段から他チームとの練習試合ができません。

なので、大会が始まる前に2チームと練習試合で最終調整。

私はそこから合流させていただきました。

1チーム目 1ー19で敗戦。

2チーム目 1ー15で敗戦。

試合をじーっと観察しながら、具体的な強化について監督と話し合いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず彼らに目標を確認すると

・インターハイベスト8

・国体出場

という長期的な目標が出てきました。

…ということで、今回はインターハイや国体予選のための「強化合宿」の位置づけで行こう!ということに。

普段、他のチームと練習試合ができないため、全国から集まった強豪チームから、とにかく吸収するしかない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このチームの素晴らしいところは、とにかく素直!

そしてすぐに実行できることです。

そこで、これから「半年で急速に伸びる魔法」をかけることになりました。

そのための材料集めと、脳内レボリューション(脳レボ)のための「仕掛け」です。

これでここから半年間、彼らは日本一成長が早いチームになります。

それと同時に、人間の本質的能力である「集中力」の強化を行いました。

ボール積み法・カード集中法・ジャグリング法など、とにかく集中力が体に染み込むように徹底的に!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして全国選抜大会1回戦。

スポンサーリンク

相手は…

前回「優勝校」…そして全国制覇10回以上を誇る、優勝候補の筆頭!(笑)

部員も2学年で50名以上いたでしょうか…

ソフトボールは3回で15点差、5回で7点差が開くと「コールド試合」になるので

強豪チームから少しでも吸収できるように、1回でも長く試合ができれば…と願っていたのですが…

それがなんと、3回が終わって1点差!

ファインプレーも続出で、なんとか食らいつき…

結果は0ー7で、6回まで試合をすることができました!スゴイ!!

たった2〜3日でここまでレベルアップするのか!?と一番驚いたのは選手たちかもしれませんね。

これが集中力の成果です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて大会が終わっても、目的は「強化合宿」です。

次の日も、その次の日も…全国選抜大会への出場チームとの練習試合が組まれました。

「半年で急速に伸びる魔法」と「徹底的な集中力トレーニング」も、もちろん毎日継続!!

その結果、最終日には全国ベスト8レベルの強豪チーム相手に…

1試合目 1ー2で敗戦。

2試合目 9ー3で勝利!

たった6日間で、ついに強豪チームに勝利するレベルまで成長することができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本当に素晴らしい吸収力ですね。

やはり素直でまずはやってみよう!と行動する選手たち。

そしてそれを常に徹底して言い続ける監督の想いが、こういったパフォーマンス向上につながります。

こんな素晴らしいチームに携わらせていただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです!

ぜひ目標であるインターハイベスト8と国体出場を達成する

その過程を楽しんでもらいたいと思います。

どんなチームでも、きちんと段階を踏めば、全国のトップレベルまで行くことができます!

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●ウイルス対策にはマイナスイオンがカギ!

●プロテインよりもまずはカルシウム!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*