講演活動日記

【研修】広島へ企業研修に行ってきました!

  • LINEで送る

こんにちは!

GWが明けて、しばらく控えていた研修や講演活動をスタートさせました!

コロナ禍で、多くの方が集まる講演や研修はなかなか開催が難しく、オンラインなどのWEBで実施をしておりましたが、比較的感染者が少ない地域は少人数での実施を条件に、対面での研修をスタートさせることにしました。

…ということで、昨日まで2日間、広島へ企業研修へ行ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内容は、タクシーのドライバーさんへの事故防止研修。

頭では分かっていても、事故やミスをしてしまうのが人間です。
ですから、いくら知識を得て、たくさん経験を積んだとしても、事故はミスは起こるのです。

それはコンディショニングや、心理的・生理的要因などが重なって起こるからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人のベストコンディション(ミスが起こらない状態)における根本的要素は、2つです。

1つ目が「アルファ波」

そして2つ目が「ホルモンバランス」です。

今回の研修では、1つ目の「アルファ波」について、7時間の2日間!みっちりお伝えしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「アルファ波」とは、脳波が10Hz前後に出てくる波形で、「集中状態」と言い換えることができます。

受講者の皆さんには、まずは「集中」という意味を理解してもらいました。

そこで

①「集中」できない要因(雑念)は何か?

②「集中」できない要因(雑念)を取り除くには?

それを課題に話しあってもらうと、過去の事故からの「気づき」や「反省」が出てきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし「集中(アルファ波)」というのは、本人が意味を理解したり、頭で分かったところで習得できるものではありません。

ですから次に「集中(アルファ波)」という「感覚」を習得してもらうワークに入ります。

●受講者の感想●

集中すると「とても疲れる」というイメージがあったので、「1日中集中するなんて無理!」「時にはボーっとする時間も必要だ」と思っていましたが、集中する「感覚」は私のイメージとまったく違いました。

スポンサーリンク

集中すれば、とても「楽」「スッキリ」「快感」でした。

いつも頭がスッキリしていない状態で仕事をするから「ミス」や「事故」が起こる。

だからこの状態をいつもキープすることが大事なんだと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に「集中」というスッキリ快感の「感覚」をキープするには、人としての成長が必要です。

例えば、人は良い時も悪い時もありますが、自分にとってマイナスのことが起こった時、それをコントロールするには「知恵やコツ」が必要だからです。

それをズルズルと引きずると、それが雑念となって脳の機能を低下させてしまい、ミスや事故につながります。

ですから人としての生き方や心構え、考え方や意識レベルなど、様々な角度から自分を成長させなければならないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●研修後の受講者の感想●

・事故防止研修として受講しましたが、生活や人生全般に当てはまる内容で、これからの自分の生き方を見直して、残りの人生を有意義にしたいと思いました。

・今からすぐに取り組んでみたい!と思いました。

・しんどいことや面倒臭いことを継続するのは難しいですが、これは絶対に継続できそうです。

・15年間受けてきた研修の中で、一番深く心に刺さり、自分の意識が変わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年を通して継続的に実施していく研修です。

次回はさらに深めていきたいと思います。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太プロモーション動画

●コロナ対策にはマイナスイオンがカギ!

●免疫力を高めるカルシウムの力

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*