スポーツ選手

【伸びる条件】一番伸びるのは誰??

  • LINEで送る

こんにちは!

さて今日は1つ、クイズです。

次のアスリート(スポーツ選手)のうち、一番伸びが顕著なのはどのグループでしょう??

① 初心者
② 初級者
③ 中級者
④ 上級者
⑤ トップアスリート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば中学校の部活動で、初めてバスケットボールを始めたとしましょう。

一般的にですが…

① 初心者とは、1年生。

② 初級者とは、中学3年生まで。

③ 中級者とは、さらに高校3年間でその競技を続けた人。

④ 上級者とは、大学へ行ってさらにその競技を続けた人、またはプロへ行った人。

⑤ トップアスリートとは、プロの中でもトップクラスの選手。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて答えがわかりましたか??

正解は①初心者と⑤トップアスリートです!

彼らが最も成長するのです。

また選択肢には入れませんでしたが、障害者もそうです。

パラリンピックを見れば、彼らがいかに素晴らしいかよく分かりますね。

それはなぜだと思いますか??

その理由が分かれば、誰だって伸びるポイントが分かりますよね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共通するポイントの1つは…

「純粋さ」!

スポーツを始めたときは(初心者)、失敗を恐れず、ただ試合に出るだけが嬉しい!
みんな元気ハツラツ、希望あふれる目をしています。

トップアスリートの目も、光り輝いています。

「今日は調子が良いな、悪いな」
「失敗したらどうしよう…」
「面倒くさいなぁ…」
「ダルいなぁ…」

など、そういった気持ちは一切ありません。

心にモヤモヤがありません。

まっすぐひたむきに!!

この「純粋さ」が共通していると言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共通するポイントの2つ目!!

人は経験を重ねる度に、これは〇〇だ!と決めつけてしまうことがよくあります。

・自分は勉強が苦手だ!
・自分はどうせやっても無理な人間だ!
・自分は他人よりも時間がかかる
・自分はアホだ

などなど。

ちょっと難しい言葉ですが、そういった「決めつけ」のことを

スポンサーリンク

・先入観
・レッテル
・メンタルブロック

などと言いいます。

これは人の成長を止めるブレーキになります。

スポーツの初心者に、それはありません。
またトップアスリートも、常に技を「磨こう」と、過去にとらわれることはありません。

まっさらな気持ちで、1日1日を過ごしています。

「日に新た」!

昨日は昨日、今日は今日、明日は明日。

できるかできないか?は、やってみないと分からない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共通するポイントの3つ目!!

先日サポートしに行った高校生の話。
野球をやっているのですが、練習がイヤで、野球を辞めたいというのです。

その理由は…

「うまくいかない」
「失敗したら叱られる」

などで「野球が全然おもしろくない!」と言うのです。

さてこの状況で、人は上手くなる(成長する)と思いますか??

人の脳は「楽しい!」「オモロい!」ときにしか成長しないようにできています。

イヤイヤやっていたり、興味のないもの、面白くないものをやっていても、成長はしません。

・楽しい
・オモロい
・好きで好きでたまらない

これが成長する(伸びる)上ではとてもとても重要なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インターハイや全国中学総体の中止が発表されました。

当たり前のことが、当たり前ではなくなった今。

初心に帰って、今やっている競技の楽しさ、素晴らしさ、そういったことを再確認できる、良い機会かもしれません。

伸びるポイントを押さえずに練習するより、「純粋に」「日に新た」な気持ちで、楽しんで練習する方が伸びます。

ぜひプラスに捉えて、一人ひとりの成長のために、前へ前へと進んでもらいたいと願っています。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*