基本概念

【目に見えない世界】波動を理解しよう!

  • LINEで送る

こんにちは!

『波動(目に見えない世界)』という言葉を聞いたことがありますか?

私の自宅には、「波動」に関する書籍がずらっと並んでいます。

これまで「目に見える世界」でしか考えたことがなかったのですが、「波動」を理解すると、これまで分からなかったこと(説明できなかったこと)が、見事に理解することができるようになりました!

今回はその書籍の中から、足立育郎氏の著書「波動の法則」(形態波動エネルギー研究所出版)・大橋正雄氏の著書「新波動性科学入門」(たま出版)の一部を引用して解説します。

現在のコロナ騒動や能力開発において、この内容を理解することは非常に重要なので、ちょっと難しい内容ではありますが、今回はちょこっとご紹介!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大橋氏の著書の中で、「この世の中の全ての存在や全ての現象は、「粒子性(姿や形を表す)」と「波動性(ものの性質や機能を現す)」の二つから成り立っている」ということを結論づけています。

要は「目に見えるもの」と「目に見えないもの」ということです。

例えば、お塩(NaCl)は、塩化ナトリウムという『粒子』でできていますが、同時に辛いという味の『波動』を出しています。

普段何気なく使っている携帯電話(スマホ)も、本体は『粒子』でできていますが、電波という目には見えない『波動』も出しています。

そしてこれらは、『粒子』から成る全ての存在に共通の現象しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近代の物理学は、粒子性の一面を追求する科学でした。
(目に見える世界でしか考えてこなかった)

ところが近年になって足立氏や大橋氏のように『波動性』を唱える科学者が急増してきました。

中でも大論争を巻き起こしたのが「光」の実態についての論争です。

万有引力の発見で有名なニュートンは光の実態を『粒子』であると考えていました。

つまり小さな粒が飛んできていると考えたわけです。

ところがホイヘンス(物理学者)は光を『波』であるととらえました。

これ以降物理界では、光は『粒子』であるのか、それとも『波』であるのかの論争が続いていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

光の特徴を簡単に説明すると、光をある金属の表面に当てると、そこから電子が飛び出すことが分かっています。

この現象を光電効果といい、これを活用した製品が作られています。

このような現象から、光は『粒子』であることが分ります。

ところが、真暗の部屋に少し隙間を開けてそこから光を入れると、部屋全体が薄明るくなります。

このように光が拡散することから『波動』的性質があることも分かります。

このようなことから光は『波動』と『粒子』の性質の両面を持っていたことが分かってきたのです。

(どちらが正しい!ということではなく、2つの性質を持つ…ということです)

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この世の中の現象は、全て相似象です。

素粒子、中性子、陽子、電子、原子、分子、細胞、組織、物体、地球、銀河、宇宙に至るまで、どのようなもの(物・者)も『波動性』と『粒子性』の二つの面を持っています。

言い換えれば、全ての存在は光と同じように『波動』の性質を持ち、『波動』の法則で活動していることが分かります。

地球上では、人間をはじめ全ての生命体や全ての物質(人工物を含)は『物質的』存在であると同時に、それらから音波や電波のような『波動』(=周波数・波長・波形で表される)が出ているということなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、我々人間も『波動』の性質を持っていることを忘れてはいけません。

例えば心の中で「こんな物が欲しい!」と思うと、その『波動』が世の中へ発信されます。

するとその物は、人間から出た『波動』と「共鳴・共振」してエネルギーを増大させて『波動』を送り返し、人間が受信します。

我々は、自分が気になるものを受信することを「意識する」と呼んでいます。

その他、テレパシー、虫の知らせ、直感、閃き、超常現象、超能力なども『波動』による現象です。

多くの人が信じがたいこれらの現象も『波動』法則では、全てを説明することができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に、昔から言われてきた「心を込めて」は、目に見えない『波動』を強く心から出すことを意味しています。

心からは、思いの『波動』が常に出ています。

その『波動』を多くの人や動物・植物・鉱物・テレビ・自動車・洋服・家などが感じ取っています。 

そしてその出した『波動』と「共鳴・共振」を起こした『波動』が、自分に返ってきます。

これを理解すれば、もう少し「初詣」や、「祈祷」「必勝祈願」などの意味も分かってくるのではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サークルや部活など、人は同じ趣味や考え方を持つ人どうしで集まります。

オタクの周りにはオタクが集まり、ヤンキーはヤンキーで集まります。

いつも「笑顔」の人には「笑顔」の人が集まり、「ムカついている」人には「ムカつく」情報が無意識に集まってくるのです。

「マイナス」の『波動』を出せば、「マイナス」の『波動』が返ってきます。

どうか皆さん、明るく元気に楽しく笑顔で!

決して「コロナ」の『波動』を出してはいけません。

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*