講演活動日記

【新たな企業研修】が始まります!!

  • LINEで送る

こんにちは!

今日は神奈川県へ!
ある企業さんへお伺いし、これから始まる研修契約の締結へ行ってきました。

これまで力を入れてきた「講演」というのは、あくまで受講者の方々への「きっかけ」作り。

「研修」というのは、定期的な学びを通して、長期間で、ある一定の「成果」を求めるものです。

企業の成長(進化)は「人」から始まります。
そのお手伝いをするべく、腰を据えてその成長をサポートしていきたいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の会社が提供している「研修」は、一般的なものとは方向性が違います。

・「ノウハウ」ではなく「本質」を伝えていること。
・研修という「システム」だけではなく「心」を大事にしていること。
・「学び」よりも「気づき」に重きをおいていること

そして

・考えられない「成果」が出ること
・「受け身」ではなく「主体的」になること
・みんな明らかに、明るく元気になっていくこと

結果、生産性が上がり、業績へとつながっていくというストーリーになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近頃の世の中は、先のことよりも、どうしても目先の利益を求めがちになります。
ですから「利益」を出すための「ノウハウ」を学ぶ…という「研修」が主流です。

しかし、我が社の「研修」は、「本質」を踏まえれば、利益は「勝手に」出る…というものです。

スポンサーリンク

例えば「勝ち」にばかりこだわって(勝利至上主義)、人として大事な事(人間教育)を教えないスポーツチーム。
それとも「人としての生き方(人道)」を指導する事で、結果は後からついてくると考えるスポーツチーム。

「利益」さえ出れば、何でもOKな企業。
それとも「顧客」「社員」「社会」のすべてが「○」になる方法を導き出し、気がつけば「利益」が勝手に上がるという企業。

さて、どちらが正しいのでしょうか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういう意味でも、これまで行ってきた(行っている)企業研修は「一部上場企業」ばかりでしたが、本日締結した企業さんは、中小企業さんです。

今、我々が伝えようとしている「本質」を理解してくださったという意味で、とても嬉しく思います。

さてこれから長期間、しっかり「本質」を伝え、企業が飛躍的に上昇していく光景をしっかりと目に焼き付けたいと思います。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*