スポーツ選手

【集中力アップ】ボール積み法〜中級編〜

  • LINEで送る

こんにちは!

昨日まで東京、千葉と移動して帰ってきました。

本来ならば今日からそのまま広島で講演3連発の予定でしたが…
新型コロナの影響で、昨日の政府の通達もあり、ぜーんぶ中止になりました!泣

…ということで、今できることに集中していこうと思っています♬

さて昨日、以前私の講演を受講者された方から写真が送られてきました!

「ボール積み、できました〜!」という写真。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ボール積み法」とは、集中感覚が目で見えて分かりやすいのでオススメの集中力トレーニング方法です。

「ボールが乗った!」その時の感覚が「集中状態」ということです。
ですから、とりあえず乗せるトレーニングをするだけでも、雑念がなくスッキリとした感覚が得られるはずです。

ただし、多くの人はちょっと乗せてみて、1か月後はほとんどやっていません。

それでは、本当の意味での集中の世界は習得できないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは時間的には、10秒以内でサッと乗せられるか?が第1ステージになります。

もしそれが1分かかったり2分かかったり…そういう状態では、まだ部分的な集中状態であるために、良い時と悪い時との差が生まれてくる段階です。

いつやっても10秒以内で乗せられるようになれば、常に集中している状態がキープできてきた段階になります。

しかし人には「慣れ」という言葉があるように、ちょっとしたコツでボールを乗せてしまっているケースもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてそのために、次のステップで、真の集中状態が獲得できているか?を確認してみましょう!

「ボール積み5セット完成」

その名の通り、ボール積みを5セット同時にできるかどうか?です。

スポンサーリンク

1セット乗せて、それが乗ったまま2セット目、3セット目…というように、5セット全てが乗っている状態を完成させるのです。

もし5セット目に挑戦中に、すでに乗っている他のボールが落ちてしまったら、またそれも乗せなければなりません。

ですから本当に集中状態でない限り、これは完成しないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、プロ野球日本ハムファイターズの難波侑平選手。
彼は高校時代に、10セット完成を日々トレーニングしていました。

こういうように、何セットも同時に行うことで、本当の意味での集中状態をトレーニングで磨くことができます。

ちなみにその5セット積みが1分以内でできるようになれば、また次のステップへと進みます。

また時期が来れば紹介したいと思います。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*