スポーツ選手

【うまくいかない】ときは、まずモヤモヤをハッキリさせよう!①

  • LINEで送る

こんにちは!

富山から仙台へ新幹線で移動し、昨日は仙台駅近くで講演。
懇親会から2次会、3次会・・・。
久しぶりにお会いした方もいらっしゃって、とてもとても素晴らしい1日になりました。

ホテルで1泊してから広島へ飛ぶ予定が、コロナ関連で広島講演が延期になったため、宮城に残って観光へ!

「松島や あぁ松島や 松島や」松尾芭蕉

日本三景の一つ、松島へ!
そこにある「瑞巌寺」へ行ってきました。かなりのパワースポット!!

夕方に自宅へ帰り、明日は岡山へ行ってきます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて先ほど、2年前に指導していたある選手から「相談がある」とのことで電話が。
なかなか「うまくいかない」とのことでした。

色々聞き出してみると…

・ハッキリとした目標が見えない
・良かった時のプレーができない
・焦っている
・朝起きて「今日も練習か…」とやる気のスイッチが入らない
・指導者のやり方に納得できない

などなど、色々な状況が重なっているようでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてこの選手が抱えている根本的な問題は何か、お分かりでしょうか??

普段から、悩みなどを「本音で」話せる人がいないことです。

この選手との会話から、先輩・後輩など上下関係の厳しさや、チームのレベルの高さ、なかなか活躍できていないことへの自信のなさなど、なかなかチームに自分を出せない…という難しさが見えました。

ですから「心の抵抗」が高くなってしまったのです。
言い換えると、「心のモヤモヤ」「雑念」など。

それらが積もり積もって頑張れなくさせているだけなのです。
それを「メンタルブロック」とも呼んでいます。

ただ、その「モヤモヤ」は実力を発揮させなくしますから、それを取り払うことで、簡単にベストパフォーマンスが引き出せたり、目標が見えてきたりと、前へ向かって進むことができるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よってこの選手には、一人でできる解決法を伝えました。

「A4くらいの大きさの紙ある??」

「はい、あります。」

「OK!ではそこに、モヤモヤリストを作成してみよう!」

ということで、誰にも言えない、自分の心の声に耳を傾けて、今モヤモヤしていること、嫌なことなど、箇条書きで描いてみることをオススメしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

・〇〇先輩に「早くやれ」と言われて腹が立つ
・監督の指導で、〇〇の指導は納得ができない
・後輩の〇〇がいうことを聞かない
・本番になるとうまくいかない

などなど、どんな些細なことであっても、書けるものはできるだけ具体的に書きます。

まずこうすることで…

「何に自分はモヤモヤしているのか?」
「何がスッキリしないのか?」

が見えてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「心の抵抗」は「見えない」から抵抗になるのです。

ですからまずは「見える」ようにすることで、抵抗は下がってくるのです。

頂上の見えない山を登っていると、不安になったりモチベーションは上がりませんね。
しかしハッキリと頂上が見えるだけで、安心したりするものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして次に、その紙を封筒に入れて頑丈にノリ付けし、自分のモヤモヤ心をその中に塞いでしまいます。

それを、昔の監督や仲の良い友人など、信頼できる人に手渡しするのです。

「よろしく頼みます!!」

そうすることで、モヤモヤを放棄するのです。

たったこれだけで、「心の抵抗」は格段に下げることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしその封筒を渡せる人がいなければ、

・ぐちゃぐちゃにして火で燃やす
・ぐちゃぐちゃにして丸めて、カプセルに入れて地面に埋めておく

などでも構いません。

とにかく別のどこかへ置いてくるのです。

そうすることで、もうそのモヤモヤは自分のものではありませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「わかりました!」
「やってみます!」

ともうすでに「心の抵抗」は下がってきた模様。笑

また連絡があるはずなので、その時はまた次のステップを伝えてあげようと思います。

…ので、この続きはまた後日!!

① モヤモヤは紙に書き出して、ハッキリさせること
② 誰かに託して、モヤモヤからオサラバすること

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*