ビジネスマン

【やる気のない人】に何とかやる気を出させるには??

  • LINEで送る

こんにちは!

今日は愛知県名古屋市!!
500名ほどの経営者の方や管理職の方が集まる会で講演。

どうやら2年前に「小泉純一郎 元首相」が講演された同じ枠だそうで…

次世代、令和時代の「人」をどう育てていくか??
資質向上やモチベーション、組織活性をテーマにお伝えしました。

これからの「人間革命」の時代を見据え、どう人材育成(確保)をしていくべきか…
現在日本の最前線で活躍されている方々への、何かヒント(きっかけ)になれば嬉しいですね!

懇親会、2次会とお招きいただき、新幹線で自宅まで帰っております。

明日は朝から福岡へ!!
2日間の企業研修へ行ってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて今日の講演でもモチベーション(やる気)の話に触れましたが、
先日ある方から、私のやっているLINEメルマガへ、相談のメッセージが届きました。

「やる気を出させるにはどうすれば良いのですか??」

私はこう返信しました。

「その相手は子どもですか?それとも大人ですか??」

そう聞いた理由は、子どもと大人で、根本的にアプローチが違ってくるからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしやる気を出させたい相手が子どもであれば…

「やる気」がない!なんてことはほぼほぼないからです。

子どもは何かしら「やる気」はあるのです。
しかし興味のあることだけに「やる気」があるのです。

ですから「やる気」がないのではなく、ただ興味がないだけであり、
その興味をなくさせたのは誰ですか??ということになります。

子どもに責任はありませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の場合は、50代の大人のやる気を出させたい!ということでした。

もう少し聞いてみると、

「言えばそれなりには動いてくれるが、自主性がない」
「自分は精一杯やっているのに、評価されない」

という愚痴をこぼしているようでした。

そこで私が返信したメッセージはこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

その男性の発言「自分は精一杯やっているのに、評価されない」というのは、表面的に出ている言葉なので、実際のところは真意ではないことがほとんどです。

なのでその発言は気にしなくて大丈夫です。

本当は「評価してほしい」のではなく、何か他のことがメンタルブロック(心の抵抗)になっているので、そこを対話や仕草などで理解することが重要です。

もしかしたら職場の人間関係、家族の悩みや不安、などが根底にあるかもしれません。

本人自身も何がメンタルブロックになっているかを理解できていないので、それをお互いに探して理解するようにして、認めてあげて、その上でちょっと未来の目標(やりたいこと)などを引き出すことができれば、表面的な動きや発言も変わってきますよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前もお伝えしましたが、人はそもそも「やる気」を持って生まれてきます。

ですから、「やる気」をあげる!のではなく、「やる気」を落とす原因を探すことです。

そしてそれを解決するように導いてあげることです。

メンタルブロックが外れれば、楽しいことや未来への希望が湧いてきて、エネルギーに満ち溢れてきます。

何事も、表面的なことを鵜呑みにするのではなく、その裏に隠された真意を大事にすることなのですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日の講演の手前で、主催企業の社長さんがこんなことをおっしゃっていました。

「ドイツの学者さんから聞いた話。」
「ドイツは同産業で、日本よりも遥かに発展している」
「しかしドイツは、日本とハード面ではほとんど差がない」
「ドイツと日本の決定的な違いは、『やる気』の違いだけだ!」と。

現在の日本教育に、危機感を感じているのは私だけでしょうか??

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の新書籍「脳レボ〜ミスをゼロにする3つの力〜」

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*