指導者

【兵庫県】中学生講演へ行ってきました!〜自主性・主体性を育むには??〜

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
兵庫県の公立中学校600名の生徒さんへ講演に行ってきました。

ひと昔前は兵庫県でも一番荒れた中学校だったらしいのですが、今はホントに落ち着いて、真面目な生徒さんばかりでした!

私が会場へ入ると、だ〜れも喋らず、全員がじーっと座って待ってくれているのです!
これには驚きました。

思わず「すごい!!」と声が漏れてしまったほどです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ、私は人を育てる(見る)プロです。

これが「自らの意志(自発的に)喋らずに待っている」のか、それとも「喋ったら怒られるから」「黙って座っておけ!と言われたから」なのか?では大きな違いなのです。

私はそれを見破るために、あえて講演のはじめに堅苦しい雰囲気を壊し、色々なワークを入れながら「なんでもOK!」を強調しました。

「隣の子とおしゃべりOK!!」
「トイレに行きたくなったらすぐに行ってOK!!」

みんなきっちり体育座りをして座っています。

「足を崩してOK!」
「姿勢が悪くてもOK!」
「一番楽な姿勢でOK!」

そうすると、全員がみるみるうちに喋り出し、姿勢を崩し始めたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間の能力開発に「やらされている」はタブーです。
ですからまず、子どもたちを「解放」することにしました。

そうすることで、子どもは「自分のしたいこと」を取捨選択できるようになります。
これが最近よく言われている「主体性」「自主性」の第一歩です。

「主体性」「自主性」の第一歩は「自由さ」であり、そこから生まれる一人ひとりの「チョイス」です。

「不自由」で「やらされている」ままでは、潜在能力を引き出すことはできませんね。

しかし「解放」なんてことをすると、子どもは全く話しを聞かずに、崩壊するのではないか??
と疑心暗鬼になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「解放」しはじめは、好きに喋って、姿勢も崩しまくっていた子どもたち。

もう素晴らしいですね!!
これぞ!素直な子!!

スポンサーリンク

しかし私の話しが進むにつれて、だんだんと喋る子が少なくなってくるのです。
そして、姿勢もどんどん良くなってくるのです!!

子どもたちが「自主的に!」自らそうすることを選んだのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしずーっと好きに喋って姿勢が崩れたままであれば、それは「講演が面白くないから」にすぎません。
そうなればそれは、「私の実力不足」ということです。

興味を惹かせられなかった講師の責任です。

それを「きちんと聞け!!」と子どもの責任にはできませんね。
何を選ぶか?は子どもの自由なのですから!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは社会に出ても同じことが言えます。
「やれと言われたからやっているのか?」それとも「自ら進んでやっているのか?」

とても重要なことですよね。

私はまず子どもたちに、その「自由さ」や「人間の可能性」を伝えています。

「〇〇しなければならない」に「自由さ」はありません。
「自由さ」から「〇〇したい!」が出てくるのです。

そんなことしたら秩序が乱れるじゃないか!!と言われることもあります。

しかし本当は…
「秩序を保つ」→「〇〇しなさい」→「不自由」ではなく
「自由」→「〇〇しよう」→「秩序が生まれる」なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誰でも無限の可能性がある!!
その可能性を引き出せるのかどうか?は自分の心が決める!!

キラキラと目を輝かせて聴いてくれる子どもたちに、私は感動すら覚えました。

子どもたちにはぜひ、希望を持って、大きく可能性を引き出してもらいたいですね!!
明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*