講演活動日記

【兵庫県】中学生講演へ行ってきました!

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
久々の講演活動日記です。

今回は兵庫県!
中学生600名ほど?への講演。

部活動も全国レベルの部があったり、学力も非常に高いと言われている学校です。

ソフトボール部の顧問の先生が、毎年私が講師をつとめていますソフトボール指導者講習会で聞いてくださっていて、「ぜひうちの学校の生徒へ講演をして欲しい!!」とオファーをいただき、実現しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際行ってみると、もう驚きの連続!!

まず学校へ入ると、各部活動の優勝旗や表彰状がズラリ!!
そしてすれ違う生徒さん全員が、元気よく「こんにちは!!」
先生方も「こんにちは!!」

私はどの講演会場でも、直前の皆さんの状況を観察しているのですが、もう素晴らしい!
とにかく素直で元気。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて講演の始まりです。

今回のテーマは…
「脳内レボリューション」
〜最大限に実力を発揮する夢・挑戦・達成の第一歩!〜

内容は…
① 自分はスゴイ!に気づき、無限大の可能性を感じること。
② まずはやってみる!チャレンジ!トライ!!
③ 一生懸命やる!!

こういった内容を、体を動かして、体感を通しながらお伝えしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一生懸命やる!とは「気持ちを込めること」。

では「気持ちを込める」とはどういうことか??
甲子園のチームや日本一のチームなど、トップチームやトップ選手のやっている「気持ちの込め方」を踏まえて理解してもらいました。

科学的には「気持ちを込める」とは脳波がアルファ波支配の状態のことを言います。
アルファ波支配の状態とは、言い換えれば「集中」状態ともいうことができます。

中学生は基本的に、大人よりは集中力が高いので、あえて「集中」という言葉を使うとそれが雑念に変わる可能性があるため、私は一切「集中」などという言葉は使っていませんが…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人が成長するための条件は、

スポンサーリンク

・ドーパミン
・アルファ波

の2点です。

この2点を、そういったややこしい言葉を使わずに伝えると、上記のポイントになるわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて講演が終わってから、またまた驚くべきことが!!

私はみなさんに見送られ、そのまま校長室へと通されたのですが…

生徒さんが続々と私に質問にくるのです!!

50名〜60名ほど来たでしょうか。
そこからほぼ1時間!質問タイムの始まりです。

もう本当に熱意ある生徒さんばかりで、私も大興奮な一日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて帰ってからも驚くことが!!
何と、30名ほどの生徒さんからインスタグラムにダイレクトメッセージが!!

質問をしてくれた子には、気持ちを込めてメッセージを返しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに次の日、驚くことが!!
教頭先生からメールで写真が送られてきました。

講演後の部活動で、生徒さんが勝手に「気持ちを込めて」!靴を整理整頓し始めたそうです。
すぐに動く!

本当に驚くことばかりの中学生講演でした。
またあの子たちに会いたいなぁと思っています。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*