スポーツ選手

【念ずれば花開く】「引き寄せ」の法則!!シークレット

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
昨日は大阪駅近くの会場で、久々に夜の講演。

今日はこれから、私が学習塾の講師時代に、一緒に働いていた仲間の結婚式へ行ってきます。
もう辞めてから6年ですが、こうやって呼んでもらえるのはとても嬉しいことですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先日の講演後、ある方から声をかけていただき…
「先生のお話しを聞いて、『シークレット』を思い出しました!」

『ザ・シークレット』!!
2006年に刊行されたロンダ・バーン著の自己啓発書で、「引き寄せの法則」を主題として全世界で2500万部を売り上げた書籍ですね。

ということで、今回は『シークレット』について、少しばかり解説してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【シークレットとは?】

自分と似た者同士が引き合うという「引き寄せの法則」を掲げ、例えば富についてのみ考えることで富を得、豊かさのみ考えることで豊かさを引き寄せることができるとする。

不快な気持ちを抱くと同じような思考が延々と続いてしまうのも、「引き寄せの法則」が発動するからであるとしている。

「引き寄せの法則」によれば、欲しいものをイメージし、なおかつほとんどそれのみを考え続けることができれば、その欲しいものを手に入れることができる。

よって、これまで自分の周りに起こった出来事は、すべて自分の「思考」が原因で引き寄せされた結果である。

かつて偉大な功績を残した偉人たちや貴族たちは、すべてこの『シークレット』を活用してきたと言われている。

しかしこの事実を世に広めると、富が分散してしまうのではないか?と恐れ、「秘密」にされてきたということで『シークレット』と呼ばれているのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【解説】

『シークレット』とは、自然法則である「同調の法則」×「出入りの法則」のことを言います。

「同調の法則」とは?

2つ(叉は2つ以上)の同じ質のエネルギーが合わさると2つのエネルギーは同調して元のエネルギーを強める。
同質のエネルギーが集まり同調することでエネルギーを何倍何十倍にも増大させることができる。

・宴会後の一本締め(よ~っパン!)
・握手やハグ
・軍隊の揃った行進…などなど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「出入りの法則」とは?

スポンサーリンク

あるエネルギーを「発信」すると、世の中に存在する同質のエネルギーと同調・共鳴・共振・共感してそのエネルギーを「受信」する。

・人間は、興味や関心を持っているものの情報を目ざとく受信する。例えば、ある車に興味のある人は町を歩いているとその車ばかりが目に付く。
・楽しいと思うと楽しいことばかりがやってくる。嫌だと思うと嫌なことばかりがやってくる。
・ゴミがあるとその場所にゴミばかりが集まってくる。
・人間は、同じ価値観・同じ考えを持つ者同士が集まり集団化する。
・ヤンキーはヤンキーで集まる…など

要するに、人は思考(意識・イメージ)したことを受信し(出入りの法則)、受信したエネルギーが増大した結果(同調の法則)、それは現実化する…ということになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【シークレットの活用】

『シークレット』の初歩は「直感即行動」です。

ヒラメキや直感は、根も葉もないところからは起きていません。
みなさんの脳に、何かしら課題やテーマがあるから起こるのです。

もしヒラメキや直感が起こらない場合は、脳から情報が発信されていないことが考えられます。
それは、いつも受け身で生活していたり、脳疲労などが原因です。

ですから『シークレット』を活用するためにも…

・ストレスは溜め込まないこと
・受け身ではなく(やらされているのではなく)、いつも自らの意思で能動的に行動すること
・常に輝かしい未来をイメージすること
・願望目標を持つこと
・直感を大事に、即行動すること
・悪いマイナスのイメージも現実化することを理解すること

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、日本文化である「お参り」や「七夕でのお願い事」、宗教の世界でいう「お祈り(祈祷)」なども、『シークレット』の活用例ですね。

アファメーション(自己暗示)という潜在意識刷り込み法も、このシークレットの活用だと言えます。

現代の世の中では、まだちょっと「あやしい~」という世界ですが、スピリチュアルでもなんでもなく、すでに科学的に証明されている現実なのです。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*