指導者

【良い人間関係を築くには?】私が不登校の子を復活させたわけ!

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
大阪での講演が終わって帰ってきました。

さて終わってからある方からのご質問。
「先生は高校教員時代に、不登校の生徒や素行の悪い生徒を、どうやって復活させてきたのですか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポイントは「気を合わせる」ことです。

何をしたか?何を伝えたか?どんなテクニックを使ったか??
正直、そんなこと、どうでも良いのです。

ポイントを押さえれば、何をしようが、何を伝えようが、上手くいきます。
一体どういうことでしょうか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、いくら素晴らしい声掛けをしても、いくら良いことを伝えても、
そもそも「生理的に合わない」人には、一切聞く耳を持ちませんね。

逆にいうと、言ってることがめちゃくちゃでも、「ウマが合う」「気が合う」人には心を開き、
どんなことでも耳を傾けようとします。

まずそのベースがないのに、いくら伝えても、色んな手立てをしても、意味がないということなのです。

ですからまずは「気を合わせる」ことから始めるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が高校教員時代に担当したクラス。

・素行が悪く1分も椅子に座れない子
・すぐに立ち歩くなど多動症の子
・ずっとうつむいたままで怯えている子
・一切言うことを聞かない反抗的な子

など、色んな子がいました。

他の先生は、何とか言うことを聞かせようと、大きな声で怒鳴り散らしています。

しかし大事なことは、「思考的」に言うことを聞かせようとすることではありません。

「気を合わせること」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「気を合わせる」とは、言い換えると「生理的に」「感覚的に」合わせることです。

ですから、言うことを聞かせようと怒鳴り散らしてしまうと(威圧してしまうと)、
相手(子ども)は「生理的に」「感覚的に」合わないと判断するようになり、以後一切聞く耳を持たなくなります。

私が大事にしたのは、「一人ひとりと気を合わせること」でした。

とにかく「個人攻撃」に徹したのです。
違う言い方をすると、「一人ひとりの信頼関係をしっかり構築する」ことに徹したのです。

全体に働きかけるのは、それができてから!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「生理的に合う」「感覚的に合う」と言うのは、非常に本質的なものです。
例えば、味の好みが合う、好きな歌手が同じ、趣味が同じ…などです。

初めて会った人と話しをしているうちに、出身地が同じであることがわかりました。
その瞬間に、何か繋がっているような「感覚」になりますね。

スポンサーリンク

たまたま先日行ったコンサートに、相手も行っていたと知ったら、嬉しくなりますね。

そう言うことです。

ですから、そういうことを一人ひとりと「合わせる」のです。
しかも意図的に!

(これは出来る営業マンが使っているテクニックですね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのためには、包み隠さない本当の自分を出さなければなりません。

いくらウソをついて「思考的に」合わせようとしても、相手はそれを見抜きます。
ですから「本当の」「素直な」気持ちで「合わせる」のです。

「生理的に」「感覚的に」合うことができれば、正直もうこっちのものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、これにはかなり時間がかかりますね。

ですから私は、優先順位をつけていました。
クラスの中で「核になる」子から順番に、「気を合わせる」ようにしていました。

「核になる子」とは、クラス全体に影響力を持っている子です。
その子の発言によって空気が変わったり、みんなの中心になって動くような子です。

そこを押さえれば、あとは順番に一人ひとり時間をかけて「気を合わせて」いきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この話をするとよくこう言われます。

「かなり労力が必要ですね…」

しかし私は思うのです。
はじめに「気を合わせる」ことを疎かにすると、後々もっと労力がかかる!!

ですから、とにかくまずは一人ひとりと「気を合わせる」ことに徹します。

そうすることで、言うことを素直に聞いてくれるようになり、その結果、勝手に成績は上がり、クラスもまとまり、全てが上手く行くのです。

もし「生理的に合わない」と言われれば、何をやっても上手く行くことはありません。

こちらも相手も、ストレスがたまり、苦痛でしかないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「思考的に」言うことを聞かせようとしたり、「思考的に」合わせるのではなく、一番大事なのは「生理」「感覚」です。

そのベースを整えることで、信頼関係が築け、現在問題になっているような様々な人間関係トラブルも、解決することができるのです。

明るく元気に楽しく笑顔で!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*