ビジネスマン

「カリスマ性」の身につけ方①

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!
今日は大阪市内にて企業講演へ。(詳しくはまた後日、講演活動日記にて)

昨日、広島市内で企業講演。
7月に私の講演をお聴きいただいた社長さんが、ぜひうちの会社でも講演を…ということで実現しました。

実はこの社長さん、CMにバンバン出演され、「広島県内で知らない人はいない」ほどの有名人なのです。
お人柄が顔に滲みでているような素晴らしい「カリスマ性」を持った社長さん、お会いできて本当に光栄でした。

勝手に宣伝しておきます!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
① CM「これに決めた編」

② CM「サダコ×コラボ編」

さてこの「カリスマ性」とは、選ばれた人しか持てないもの(神様から与えられたもの)なのでしょうか??
それとも、後天的に得ることができるのでしょうか??

「カリスマ性」について一度まとめてみますので、それは読んでいただいてからご判断ください…笑

矢沢永吉のようなロックスター、トップアスリート、有能な政治家など「カリスマ性」を持った方々には共通点があります。

リーダーシップ、人心掌握など、ビジネスでも活用できる「カリスマ性」について、4回にわたってご紹介していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし「不安」を抱えている友人から相談を受けたら、みなさんはどうしますか?

その「不安」を抱えている友人は、ビクビクしながら心配を口にします。

おそらくみなさんは、その友人を励まし、勇気づけようとするはずです。

「明日の社長面談、大丈夫かなぁ…」
「大丈夫だよ!」「心配いらないよ!」

「けど、先日ミスをやらかしたからなぁ…」
「そんなこと、誰にだってあるよ!」

「う〜ん、そもそも自分に自信なんてないしなぁ…」
「君はスゴイ実力を持っているから大丈夫だよ!」

「しかし、不安だなぁ…」

このように、いくら励まして勇気付けようとしても、ずーっとその「不安」を口にされ続けたらどうでしょうか?

きっとみなさんは、だんだんイライラして、言葉がキツくなり、いつしか距離を置き始めるはずです。

それはなぜかというと、その友人の「不安」が、自分の「不安」を呼び起こすからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は誰でも、会社のこと、職場での人間関係のこと、金銭、将来のことなど、何かしら「不安」を抱えて生きています。

今がうまくいっていても、それがこの先もずーっと続くという保証もありません。

だから、人はその「不安」を押し殺し、自分を励まして生きているのです。

ところがもし、あからさまに「不安」を表に出してくる人が側にいると、その「不安」は「共鳴」を起こして、自分の中に隠している「不安」が呼び起こされてしまうのです。

ですから無意識にイライラしてくるなど、「不安」な人から逃げ出したくなるのです。

要するに「心が揺れている人からは、みんな離れてしまう」のです。

スポンサーリンク

そこに「カリスマ性」の答えが見えてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は「不安」のある人からは離れ、「不安」を感じさせない人へと惹きつけられるのです。
微塵も「不安」を感じさせない、心の揺れない人のところへ人は集まるようになります。

矢沢永吉のようなロックスター、トップアスリート、有能な政治家など「カリスマ性」を持った方々を思い浮かべてください。

その共通点は…

「決して不安を口にしない」
「微塵も不安を感じさせない」

これが「カリスマ性」の第一歩…「求心力」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分のやっていることに信念を持ち、全く疑わない姿勢…そんな人に、多くの人は強烈に惹きつけられるのです。

そして、そういう人の側にいて、「自信」という波動を感じ、「大丈夫なんだ」と自らの「不安」が癒されるのです。

「求心力」とは「人を惹きつける力」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、皆さんが占いに行ったとしましょう。

もしその占師から
「もしかしたら…〇〇ですかね?いや、〇〇かなぁ…」
と自信なさげに言われたら、それを果たして信じることができるでしょうか?

それは占い師の「不安」が共鳴して、相談者が余計に「不安」になるからです。

ここに「求心力」はありません。

本当に流行っている占師は違います。

「あなたは〇〇になります!」とキッパリ「断言」します。

相談者は、意識的には「当たる占いが聞きたい」と思っていきますが、潜在意識的には「断言してくれる人」を求めているのです。

ですから「断言」されると、仮に占いが外れたとしても、相談者の方が好意的に解釈してくれるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし「断言」できるほど、人は常に自信に満ち溢れているわけでもありませんね。

それを解決する方法が…「成り切る!!」

「成り切る」とは、自分のイメージする「カリスマ性」を持った人(例えば、尊敬する上司などでも構いません)に成り切るのです。

課長なら課長、部長なら部長、社長なら社長の「役」を演じるのです。

そのうち、その「役」が板につき、オーラが出たり、心そのものまで自分のものになります。
そして気がつけば、「カリスマ性」を持ったホンモノになっているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「求心力」のある「カリスマ性」を身につけるには…

①「断言する!」

②「成り切る」

③ そして「本物になる」です。

ただ「不安」とは、未来が見えない時に出てきますから、できる限りしっかり「未来」を見て、成功するイメージを湧かせることも必要ですね!

明るく元気に楽しく笑顔で!!

ー 続く ー

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

*