スポーツ選手

将来「大物になる人」の特徴とは??

  • LINEで送る

スポンサーリンク

こんにちは!

私の教え子に、現読売ジャイアンツの高田萌生投手(背番号53)がいます。
今回は、彼が高校のまだ無名時代。

こいつは大物になるなぁと感じたエピソードをご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高田が高校2年の夏、スポーツ新聞(デイリー)の1面を飾ったことがあります。

でかでかと高田萌生の全身写真と記事が掲載され、私は近くのコンビニでその新聞を買って、寮へ帰ってきた高田のところへ持って行ったのですが、その時の、彼の発言が忘れられません。

「こんなに大きく載ったのは初めてか?」
「はい、初めてです!」
「すごいなぁ~!」
「いや、全然足りないです…」
「えっ!?笑」

そう言って、新聞記事を見たのはほんの数秒でした。

普通の人間なら、新聞の1面を飾ることなど一生かかってもまずありません。

それが実現したにも関わらず、彼は全くもって満足していなかったのです。

後に彼にその真意を聞くと、まだ甲子園に出場したわけでもありません。
ましてやプロ野球選手になったわけでもありません。

目標を一つもクリアしていないというそんな中で、掲載していただいたことは嬉しいのですが、全くもって物足りないという感覚だったといいます。

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういえば、初めて出場した全国大会である明治神宮大会の時もそんなことがありました。

150km/h右腕として注目を浴びての出場だったためか、50名ほどのファンに囲まれ、サイン攻めにあったのです。

機嫌よくサインをしてあげたり、写真を撮ってあげたりと気前が良かったのですが、あまりの人の多さに、私とコーチはボディガード役としてファンを振り払い、高田をバスに乗せることにしたのです。

その後、高田とこんな話しをしました。

「すごいファンの数だったな!すごいなぁ!」
「そうですか?全然、少ないです!」
あぁ…そうですか!笑

将来大物になる人は、まず目指すもの(イメージ)が大きいのですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さぁ今日から9月です!!

目標はでかく!!
新たなる大きな目標に向かって、邁進しましょう!!

●川谷潤太の書籍「できる子・伸びる子の共通点」

●川谷潤太の書籍「ミスをなくすには?」

●熱中症・ケガ防止・朝の目覚めスッキリ!!

●その他の潜在脳力開発商品はこちら

コメントを残す

*